寄付について

寄贈したい ①衣類・物品

「まだ着られる衣類や新品の衣類がたくさんある。使ってくれるところはないか」

「使用済み切手はどうしたらよいか」

そのようなご相談をいただくことがよくあります。

物品別に代表的な寄付先、活用方法をご案内します。

<衣類・雑貨>

社会福祉関係の事業所2店

ショップでの収益が障害者福祉に活用されます。

2店とも、市民から提供された衣類や雑貨を販売しています。

衣類などが大量にある場合、近隣であれば引き取りに来てくれることもあります。

一度気軽にご相談なさってみてください。

●リサイクルショップ花音

NPO法人マチエールが運営するリサイクルショップです。 

https://www.matier.shop/

●リサイクルショップけやき

NPO法人たんとの会が運営するリサイクルショップです。

https://www.tantonokai.or.jp/#facility

<使用済み切手>

立川市社会福祉協議会で活用させていただきます。

切手の周囲を大きめに切り取り、立川市社会福祉協議会にお届けください。

郵送でも結構です。

使用済み切手の回収にご協力ください(PDF)

<家電>

立川市社会福祉協議会では、新品で製造年月日が3年以内のものをいただいています。

いただいた家電は、立川市子ども若者自立支援ネットワークを通じ、経済的に苦しい若者の支援に活用します。

<お受けしていないもの>

使用済みのプリペイドカード(オレンジカード、テレホンカードなど)、雛人形、五月人形、食器類、着物など

<捨てないで!社会貢献しましょう!>

本会では寄贈をお受けできなくても、不用な品物を活用する方法はいくつもあります。

①全国の市民活動団体に寄贈する

多少送料や手間がかかっても、寄贈物品によってリサイクルにつながり、活動資金によって社会課題の解決につながります。

捨ててしまう前に、インターネットでの検索をお勧めします。

例) 使用済みテレホンカード 寄贈

のように検索なさってみてください!

②インターネットのポータルサイトを活用する

「ジモティー」では、無料で品物を譲渡することも、有料で販売することもできます。掲載は無料です。

③フリーマーケット、ゼロ円マーケットを活用する

フリーマーケットに出店する、あるいはゼロ円マーケットで無料で品物を譲渡する、という方法があります。

寄贈したい ②食品

まだ食べられるけど、消費できない食品がありましたら、ご寄贈ください。

フードバンク立川と協働して、市民、企業から食品を集め、仕分けして、子ども食堂、食に困っている方などに役立ててもらっています。

・フードバンク立川

https://fbtachikawa.wixsite.com/website

社会福祉協議会「地域支えあい寄付金」のご案内

コロナ禍の影響等で生活にお困りの方への支援活動のため、子どもや若者等、立川の未来を担う次世代を応援するため、ともに生きる豊かな地域社会の実現に向けた寄付金を募集します。

※社会福祉法人に対する寄付金は所得税法上、寄付金控除の対象となる[特定寄付金]に該当します。寄付金領収書が必要な場合は、必ずご連絡をお願いします。

※振込の際は振込手数料をご負担いただきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

地域支えあい寄付金について | 社会福祉法人 立川市社会福祉協議会 (tachikawa-shakyo.or.jp)